鎌ヶ谷市での家族葬による葬儀

亡くなった人を弔う儀式としての葬儀は、さまざまな人生儀礼のなかでも、特に重要なものにあたるため、一般には伝統的なスタイルで行われることが多くなっています。

鎌ヶ谷で葬儀に関する詳細です。

この場合、家族や親戚のほかにも、地域の隣人たち、会社の上役や同僚、部下などといった、多様な人々に参列してもらい、できるだけ盛大にすることが、暗黙の了解として行われています。

しかし、最近ではこのような風潮とはまた別の流れが生まれてきているのも事実といえます。
千葉県鎌ケ谷市は、ニュータウンなども多く、従来からこの地域に住んでいた人よりも、むしろ仕事などの関係で他の土地から移り住んだ人のほうが目立っています。

このような鎌ヶ谷市の特性から、伝統的な、盛大な葬儀とは大局的に、家族葬に代表される小規模なプランのほうも浸透しつつあめところです。



家族葬は、家族と親戚、場合によって亡くなった人にきわめて親しかった友達を招いて行うもので、参列者はあわせて数十名程度にとどまります。

そのため、余計な気遣いをせずに、心から亡くなった人を悼む場として機能するほか、料金的にもかなりリーズナブルなものとなります。

鎌ヶ谷市での一般的な葬儀のだいたい半額からそれ以下にとどまるのが、家族葬のかくれたメリットで、その意味でも普及するだけの理由があったといえます。



比較的新しいタイプではありますが、基本的に鎌ヶ谷市のように都市化したところでは受け入れやすく、関東地方一帯に広がっています。