鎌ヶ谷市で葬儀をするときの火葬施設 - 鎌ヶ谷市での葬儀にかかる費用

鎌ヶ谷市で葬儀をするときの火葬施設

千葉県の鎌ヶ谷市は、市内の宅地開発がかなり進行しており、都市計画として火葬施設をつくるだけの土地の余裕がなくなっています。
そのため、鎌ヶ谷市での葬儀のあと、火葬を行う場合には、別の都市にある火葬施設まで、御棺を搬送しなければなりません。鎌ヶ谷市では、周辺の市とともに一部事務組合を組織しているので、この組合の構成メンバーになっている自治体の住民は、一律に同じ条件で施設を利用することができる決まりになっています。
一部事務組合では、火葬と斎場の業務を取り扱っており、火葬場そのものは近隣の船橋市内に設置されています。

式場や控室などの設備もありますので、併設されている公営の斎場で葬儀を執り行い、そのあとすぐに火葬場で火葬を行うことも可能です。

鎌ヶ谷で葬儀の知識が一目瞭然です。

祭壇についても、一般的な仏教形式のもののほかに、神道形式やキリスト教形式のものまで用意されています。


式場も収容人数に応じていくつかありますので、よほど大規模に参列者を集める葬儀でなければ対応が可能です。



むしろ、最近では流行の家族葬のような小規模な葬儀の場合にもふさわしい式場があります。

実際にこのような斎場や火葬場を利用する場合ですが、まずは鎌ヶ谷市の戸籍担当課に死亡診断書を提出し、ひきかえに火葬許可証の交付を受けます。そのあとで火葬場に連絡して、火葬時間の予約や、式場などの予約をする段取りです。



予約は窓口を直接訪れなくても、電話でも特に支障はありません。