鎌ヶ谷市で葬儀をする場合の次第について - 鎌ヶ谷市での葬儀にかかる費用

鎌ヶ谷市で葬儀をする場合の次第について

人生には冠婚葬祭のいくつもの儀式がつきものですが、それぞれ固有の式次第を作成して、その順序にしたがって執り行うことになっているのが普通です。


人生での区切り、節目としての重要性から、あまりにも奇をてらう内容のものは望まれておらず、その人らしさを演出する工夫は盛り込むとしても、やはり骨格はオーソドックスな内容で固めるべきものといえます。
葬儀に関しても、人生の終焉にあたっての重要な儀式として、標準的な次第がある程度は定まっているものです。

素敵な鎌ヶ谷で葬儀の最新情報をご提供します。

鎌ヶ谷市で葬儀を執り行う場合にも、基本は通夜、告別式にわかれた仏教形式のものとなります。



通夜については、導師を鎌ヶ谷市内にある菩提寺から迎え、読経の後、式場にいる参列者がそれぞれ焼香をします。

焼香は導師、遺族、一般の順番で行い、導師が退場した後で、通夜振る舞いとして、いくらかの飲食が出るのが普通です。

告別式については、導師を迎えて読経をしてもらうところは同じですが、その後に会社の上司や学校の同窓生などが弔辞を捧げたり、鎌ヶ谷市までは遠すぎて参列できない人から送られてきた弔電を紹介するところなどは、大きく異なります。

焼香についても、会社の上司や自治会の役員など、特別な地位にある人の名前と肩書を紹介した上で焼香をしてもらう、いわゆる指名焼香が行われることも多く、この場合の呼び出し順も喪主としては考慮しなければならないところです。
最後に喪主から会葬御礼の挨拶があって、一連の葬儀は終了となります。